HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 高濃度ビタミンC点滴

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« アンチエイジング  |  栄養と先天性欠損 »

高濃度ビタミンC点滴

November 16, 2011

高濃度ビタミンC点滴は、今でこそあちこちのクリニックで行われていますが、私が高濃度ビタミンC点滴を始めたには今から6年以上前で、その当時は全国でも数軒のクリニックでしか行われていませんでした。がん治療に有効ということで紹介されいっきに全国に広まりました。
抗がん剤のような副作用がなくがん治療に有効なのは確かですが、ビタミンC点滴だけではがん治療には不十分なのはあまり知られていないようです。高濃度ビタミンC点滴治療は、分子整合栄養療法の一環として行うべき治療なのです。低アルブミンや貧血を放置したまま、高濃度ビタミンC点滴だけしても効果はあまり期待できません。高濃度ビタミンC点滴を行っている医療機関で、分子整合栄養療法の適切なアドバイスができているところはあまりないのが現状です。
アンチエイジングにも高濃度ビタミンc点滴は有効ですが、肌に必要なアミノ酸やビタミンA、コラーゲンの材料である鉄なども補給したほうがより効果的です。
尚、gdmクリニックでは平成23年12月末まで、高濃度ビタミンC点滴の料金を2,000円引きで行わせていただいております。アンチエイジング、がん予防、アトピー性皮膚炎改善、副腎疲労改善、がん治療目的などでご利用いただけたらと思います。

神戸アンチエイジングクリニック