院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 高濃度ビタミンc点滴とアトピー性皮膚炎  |  プロテイン »

頭痛と鉄不足

February 18, 2009

TVのCMなどで頭痛の薬のCMがよく放映されています。CMに起用される人は決まって女性です。頭痛といえば女性の病気をというイメージがあるからだと思います。ではなぜ女性に頭痛が多いのでしょうか?一番の原因は鉄不足だと思います。鉄は脳内に多く必要とされている栄養素で、不足すると様々な脳神経症状がでてきます。頭痛・耳鳴り・めまい・うつ症状・イライラ・微熱などなど、症状は多彩です。しかし、医師の殆どは鉄欠乏の診断基準を認識していないのできちんと鉄欠乏を診断できません。
ヘモグロビンは正常だと「鉄欠乏はありません、自律神経失調症でしょうから精神科・心療内科を紹介します」と言われる方が殆どです。しかしヘモグロビンが正常でも鉄欠乏の女性はいっぱいいます。生理のある年代の女性は全て鉄欠乏と言ってもいいくらいです。鉄欠乏の診断はフェリチンを測定しないと正確にはできません。しかもこのフェリチンの基準値の決め方がいい加減なので、基準値内に入っていても鉄欠乏の場合が殆どなのです。鉄欠乏を運よく診断されても、今の医療では無機鉄しか処方できません。保険の鉄剤は全て無機鉄です。無機鉄は、活性酸素を発生させ胃腸の粘膜を障害しますし、なにより吸収率が悪いので、鉄剤を飲んでもフェリチンがなかなか増えません。鉄欠乏にはヘム鉄の内服が必要です。