院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 低血糖症による慢性疲労  |  高濃度ビタミンc点滴と血中濃度 »

膣カンジダ

May 8, 2009

最近TVで膣カンジダ再発治療薬のCMを目にします。ジカンジダとは真菌というカビの一種です。口腔内、消化管、膣、外陰部、皮膚などに存在している常在菌のひとつです。つまりだれでも多かれ少なかれカンジダ菌は体内に存在しているのです。抗生剤の服用や免疫力の低下、妊娠などで体内の細菌のバランスが崩れた際に、普段は悪さをしていないカンジダ菌が増殖して炎症などを引き起こします。
食道や膣のカンジダ症の治療は、抗真菌剤を用いるのが一般的です。何ヶ月も抗真菌剤を処方されても、食道カンジダが一向に治らなかった人がいましたが、オリーブ葉エキスを1週間飲んだだけで食道カンジダがきれいに治ったという症例を経験したことがあります。ちなみにオリーブ葉エキスとは、オリーブから抽出した成分で、天然の抗菌抗ウイルス剤です。また別の食道カンジダの方に、加熱処理した乳酸菌を飲んでもらっただけで食道カンジダがきれいに治ったという経験もあります。女性の5人に1人が膣カンジダを経験したことがあり、その半数以上が複数回なっているそうです。性感染症(STD)と思われがちですが、性交渉による感染は数%と決して高くはないという報告もあります。つまり、体内の細菌のバランスの乱れがカンジダの発症の原因である場合が殆どなのです。CMしている再発治療薬は、抗真菌剤のクリームですので、対症療法にすぎません。腸内細菌をはじめとした体内の細菌のバランスを整えることが根本的な問題解決になります。腸内に真菌が多く存在すると、腸壁を傷つける酵素を分泌し、アレルギーや低血糖症の一因になる場合もあります。食道・膣カンジダ症の治療や予防は、ファイバー&有胞子乳酸菌・加熱処理乳酸菌やオリーブ葉エキスの摂取が望ましいと思います。