院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 所要量と至適量  |  ホメオパシー »

産後うつ

July 26, 2010

先日TVで産後うつについて放映されていました。幼児虐待をする母親の中に産後うつを発症している人がいる場合があるので、保健師による訪問を行い、母親の不安解消をすることが重要であるというような内容でした。しかし残念ながら、産後うつの病態の正しい説明や根本的な解決策については触れられていませんでした。産後うつの主な原因は、母親の栄養欠損にあると考えます。妊娠中、母体は胎児に栄養をしっかり供給しないといけません。妊娠中の栄養アプローチが不十分だと胎児もそうですが、母体も栄養欠損に陥ります。タンパク質、ビタミンB群、鉄、亜鉛などの栄養素が欠乏している場合が多いようです。私の妻も第一子を出産した当初は、私がまだ栄養療法を知らなかったので産後うつになりました。そのときは、原因も解決方法も当然わかりませんでした。第2子、第3子の妊娠中は、しこたま栄養素を補給していましたので産後うつは発症しませんでした。保健師による訪問もいいですが、やはり基本は妊娠前、妊娠中、出産後の栄養アプローチが重要だと思います。