院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 基準値  |  めまい »

喫煙と感染症

November 26, 2011

喫煙すると気道感染をおこしやすくなります。鼻の粘膜や気管支には線毛と呼ばれる細かい毛が生えています。線毛は小刻みに動いており、この動きが線毛運動と呼ばれています。線毛運動によって鼻やのどの表面にある粘液に流れを生み出し、侵入した細菌などの異物を外に掃き出すために重要な役割を果たしています。
たばこは、このの線毛運動を弱めます。喫煙者や家で喫煙する家族がいる人は、たばこの煙を吸わない人に比べて、気管支炎、肺炎、中耳炎、咽頭炎、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。最近、急に気温が下がってきており、感染症が流行りやすい季節になっています。喫煙している方は、ご自身や家族のためにも禁煙されることをお勧めします。