院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« Merit社の高濃度ビタミンC点滴  |  うつ治療 »

手湿疹

December 5, 2011

「それは手荒れではなく手湿疹」ですと言って赤くただれた手が映し出される手湿疹の薬のCMがあります。手湿疹に効く薬と謳っていますが、中身を見るとお約束のようにプレドニゾロンというステロイドが含まれています。手のバリア機能が弱い人が強い洗剤を使うと炎症を起こしてしまいます。
ステロイド入りの軟膏を塗っていると、皮膚萎縮がおきますますバリア機能が低下してしまいます。長期間塗り続けると、もうやめられなくなってしまいます。またやめると激しくリバウンドしてしまいます。根本的な治療方法は、手袋をして直接洗剤に触れないようにする、皮膚のバリア機能を高める、皮膚を再生するための栄養素を摂取するなどが重要です。薬局とかで買える薬の中にも結構ステロイドが入っているものがありますので注意が必要です。