HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > セカンドオピニオン

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« カンジダ  |  乳児湿疹 »

セカンドオピニオン

December 13, 2011

セカンドオピニオンという言葉がだいぶ一般的になってきたようです。TV番組でもセカンドオピニオンに関するものもちらほらみられます。セカンドオピニオンとは直訳すると「第2の意見」となります。主治医以外の第三者の医師などに、診断や治療方法について意見を聞くことです。中にはとんでもない間違った診断を下している医者もいるので、診断に疑問を抱いた場合はセカンドオピニオンを求めたほうがよい場合もあります。しかし、多くのDr.はガイドラインという治療指針に従って治療するので、第三者に意見を聞いても治療方法が似通っている場合は多いのではないかと思います。
分子整合栄養医学では、いわゆる一般的な病院で行われている標準治療とは違う治療を行う場合が多いです。早期癌の治療に関しては、基本的に切除という考えで同じですが、慢性疾患の薬物治療に関しては標準治療とは違う治療内容を提案することが多いです。たくさん薬を処方されて困っている方、薬を減らしたいと思っている方などは、分子整合栄養医のもとで薬の減量を図られてみてはどうでしょうか?病気の原因によっては薬物治療ではなく栄養療法で改善治癒するものも少なくありません。