HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 妊娠中の栄養摂取

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 女性の薄毛  |  オーダーメイド医療 »

妊娠中の栄養摂取

January 25, 2012

妊娠するために栄養療法に取り組まれる方は多いのですが、妊娠するぱったりと栄養摂取をやめてしまわれる方が結構います。妊娠するためには当然栄養が必要なのですが、妊娠してからのほうが栄養の需要が大幅に増えます。
一般的な産科では、きちんとした栄養指導をしていません。助産師さんが、体重の増えすぎに注意しましょう、と検診のたんびに言うそうです。確かに太りすぎは妊娠中毒症のリスクになりますのでよくありませんが、痩せすぎ、栄養欠損はもっとよくありません。糖質や炭水化物は控えめにして、胎児と母体に必要なタン白質やミネラル、ビタミンをしっかり食べることが重要です。おなかの赤ちゃんはお母さんからしか栄養をもらえません。お母さんの栄養が不足すると、もう栄養がもらえないと諦め早産になってしまいます。妊娠中こそ血液検査で不足している栄養素をしっかり補給してください。


不妊治療クリニック