院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 脳脊髄液減少症  |  肌の保湿 »

献血

February 10, 2012

帰り道の街頭で献血を呼びかけています。大出血などを起こした場合には輸血が必要になりますので、献血することはいいことだと思います。しかし、生理のある年代の女性は献血をしないほうがよいと思っています。ヘモグロビンは正常範囲内でも、大半の女性はフェリチンが低く潜在性の鉄欠乏状態にあります。ですから献血で血液を何百ccも抜かれるとかなりの鉄をロスすることになります。献血は多血症ぎみの男性がすべきです。