HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > コンドロイチン

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« アルツハイマー治療薬  |  うつと鉄欠 »

コンドロイチン

February 23, 2012

コンドロイチンはテレビCMでよくみかけるサプリメントです。コンドロイチンやグルコサミンは膝関節の軟骨の材料になりますので、変形性膝関節症などに有効です。しかし薬としては認可されていません。ゼリア新薬工業が、テレビでCMもされている「コンドロイチンZS錠」の、膝の変形性関節症に対する有効性が国内臨床試験で示されたと発表したそうです。
保険の薬として認可されるためには、臨床試験をして国に申請しないといけません。臨床試験や申請にはコストがかかります。治療効果のあると分かっていても、コストの関係で申請されず薬にはならないものがたくさんあります。特に製薬会社は特許をとってそれで薬価を高くして儲けますので、特許がとれないものに関してはうまみがないため保険薬として申請しないのが一般的です。
毎日毎日あれだけTVで、皇潤やら世田谷育ちのグルコサミンやらのCMを流すということはかなりのニーズがあり、健康食品会社の売上も相当なものになっていると思います。利益を得られるとゼリア新薬もふんで臨床試験をしたのかもしれません。