院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 死滅反応  |  ビタミンCは風邪に効かない? »

リウマチ

October 29, 2012

リウマチは自己免疫疾患です。しかしリウマチと診断されている人の中に、自己免疫による関節炎ではなく、細菌感染で関節炎を生じている人が少なくありません。
栄養不足による免疫能低下、副腎機能低下などによって、関節に細菌が感染します。ミノマイシンという抗生剤でリウマチの症状が改善する、といった論文があります。これは、自己免疫による感染ではなく、細菌感染が原因であるから抗生物質が効くわけです。
リウマチは進行すると関節の破壊や変形が起き、生活の質が低下してしまいます。しかし、リウマトレックスやアザルフィジンなどの薬は副作用も強く、これまた患者さんには苦痛です。
分子整合栄養医学的には、高濃度ビタミンC点滴、植物由来の除菌成分、腸管免疫強化、DHEA、免疫細胞の材料になるアミノ酸などの栄養素摂取などによって治療を行います。