HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 起立性調節障害

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 美容液完成  |  聞く耳持たず »

起立性調節障害

January 8, 2013

起立性調節障害は、思春期の子供に多くみられる病態で、朝おきられない、立位と座位での血圧の変動が大きい、立ちくらみする、頭痛、などの症状が見られます。現代医学では、自律神経の調節がうまくいかないことなどが原因とされており、治療はカテコラミンという交感神経を刺激する薬になります。
分子整合栄養医学では、起立性調節障害はやはり栄養欠損が背景にあると考えています。ヘモグロビンが正常でも貯蔵鉄の値が低い場合は、たちくらみ、頭痛、朝起きられない、などの症状が見られます。思春期は体の成長が著しく、血液や骨をつくるのに鉄、カルシウム、タン白質などの栄養の需要が大幅に亢進し、栄養欠損に陥りやすい時期なのです。
大学病院などの専門機関で診断され治療を受けてもなかなかよくならない方が少なくありません。それは自律神経の調節異常だけが原因ではないからではないかと考えています。分子整合栄養医学的な血液診断を行い、不足している鉄などの栄養の摂取や食事内容を見直すと多くの場合は改善します。


慢性疲労治療クリニック