HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > ちょいデブのすすめ

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« コラーゲンは意味がない?  |  抗菌殺菌はそんなに必要? »

ちょいデブのすすめ

January 21, 2013

一日一食にすると若返り長生きするという間違った内容の本が売れていますが、最近の医学雑誌に「やや太り気味の方が長生きする」という研究結果が米国疾病管理予防センター(CDC)国立保健統計センター上級科学研究員らによって報告されています。
この結果を都合よく解釈して太っていたほうがいいと勘違いしてバカ食いするのはいけません。あくまでも「やや太り気味」であることが重要です。軽度の肥満では標準体重に比べ死亡リスクが5%低かったそうですが、重度の肥満では死亡リスクが29%高くなったそうです。
なんでもやりすぎ、偏りすぎはよくありません。一日一食でもダメ、食べ過ぎでもダメで、一日三食バランスよく食べることが大切ではないでしょうか。