HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 普通の皮膚科、普通じゃない皮膚科

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 抗菌殺菌はそんなに必要?  |  若年性脳梗塞 »

普通の皮膚科、普通じゃない皮膚科

January 23, 2013

皮膚科も標榜しているので、皮膚疾患の患者さんから問い合わせの電話があります。まず電話で「うちは普通の皮膚科ではなく栄養療法で治療するクリニックですが、そのことはご存じですか?」お伝えします。大半の方は栄養療法を希望されて電話をかけられているようですが、普通の皮膚科的な治療を希望されている方も中にはいっらっしゃるようで、そういう方には普通の皮膚科を受診していただくようにお勧めしています。普通の皮膚科での治療とは、ステロイドやプロトピック軟膏で免疫反応を抑制して皮膚炎や湿疹を見かけ上抑え込むだけの治療のことを指します。免疫抑制剤では根本的に治らない皮膚疾患が殆どです。皮膚疾患の原因を血液検査等で究明し、原因に応じたアプローチをするのが栄養療法です。これが本来あるべき皮膚科的治療ですが、しかし現時点では普通でない皮膚科的治療という位置づけになっています。


アトピー性皮膚炎治療クリニック


ニキビ・シミ・アンチエイジングクリニック