院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 普通の皮膚科、普通じゃない皮膚科  |  アスリートの怪我の治療 »

若年性脳梗塞

January 24, 2013

女子アナが脳梗塞になったいうニュースを目にしました。まだ30代で若いのになぜ?という感じで取り上げられていました。脳梗塞というと高齢の方がなる病気を世間一般では考えられています。実際、高血圧、糖尿病などの基礎疾患のある比較的高齢の方に多い病気ですが、10代~30代という若い世代にも発症するようです。10代から喫煙し、ジャンクフードばかり食べ不摂生を続けていると30代でも動脈硬化が起きて脳梗塞になるリスクはあると思われます。
若い人に起きる脳梗塞のことを若年性脳梗塞といいます。血圧も正常で糖尿病でない人でも発症することがあり、原因の多くは、血管奇形や心臓にあいている小さい孔(卵円孔)などと言われています。その他の原因としてはピルが考えられます。ピルは、月経痛などの治療で若い女性の多くが服用しています。産婦人科医もピルを処方する時に、患者さんが恐れるのであまり副作用については詳しく説明しません。ピルには血栓を作りやすくするという副作用がありますので、若年性脳梗塞の原因になります。
安易に薬を飲むのは危険です。薬は根本的な治療にはならず対症療法にすぎません。原因を是正する根本的な栄養療法には薬のような副作用がなく安心安全といえます。薬に関しては、ベネフィットとリスクを考え慎重に服用することが大切かと思います。