HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 原因不明不妊症

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« リハビリと栄養  |  市販のサプリメント »

原因不明不妊症

February 6, 2013

子宮、卵管、卵巣や精子などに異常がないのに妊娠しない原因不明の不妊の方が激増しています。原因不明不妊症のことを機能性不妊症とも言います。
当院にも原因不明不妊症の方がよく相談に訪れます。原因不明と言いますが、分子整合栄養医学的には、原因は栄養欠損であると考えています。性ホルモンも栄養からできます。排卵や受精にもエネルギーが必要で、エネルギー産生にも食べた栄養が関係しています。また子宮内膜を作るにもタン白質、鉄、亜鉛などの栄養が欠かせません。
分子整合栄養療法では、詳細な血液検査を行って不足栄養素を同定します。そして不足栄養素を不足の程度に応じた至適量を補充することで、妊娠しやすい体質に変えていきます。
妊娠はゴールではなくスタートにすぎませんので、妊娠が判明した後も、妊娠中に不足しがちな胎児の成長に欠かせない栄養素の補充をお勧めしています。そうすることで、流産や早産のリスクを軽減できますし、心室中隔欠損などの病気の予防も可能になります。
一般的な不妊症の治療を行う医療機関は全国にも多数ありますが、原因不明不妊症の診断治療ができる医療機関はごくわずかです。原因不明不妊症と診断され妊娠を諦めているカップルも少なくないのではないかと思います。原因不明不妊症には適切な治療方法があり十分妊娠可能であるということを一人でも多くの方に知っていただきたいと思っています。認知していただくために原因不明不妊症に対する分子整合栄養医学的な治療方法についての本を出版したいと考えており、すでに原稿を書き上げております。出版社の方宜しくお願い申し上げます。


原因不明不妊症治療クリニック