HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > ステロイド(プロトピック)の離脱

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« ピロリ菌の除菌適用拡大か  |  卵子の老化の防ぐ方法 »

ステロイド(プロトピック)の離脱

February 20, 2013

ステロイドやプロトピックを塗るのをやめたら全身に皮膚炎がでた、と言って受診される方が結構いらっしゃいます。ステロイドやプロトピック軟膏を止めた理由は人まちまちで、症状が落ち着いていたから、ステロイドの副作用が怖いを知ったから、とかの場合が多いようです。最初にいつからステロイドを塗り始めたかを問診すると、意外にも大人になって塗り始めた人が多いのです。最初は手荒れや背中にできた一つの発疹でを契機に皮膚科に受診し、お約束のようにステロイドもしくはプロトピック軟膏を処方されています。皮膚科医に言われるがまま、まじめに塗っていると、最初にでたところだけでなく全身に皮膚炎が広がってきてしまいます。ステロイドやプロトピック軟膏を塗ることが、皮膚炎を拡げて悪化させているのです。なぜこのことに皮膚科医は気づかないのでしょうか?
ビタミンB群や亜鉛の不足で皮膚炎や湿疹はでます。栄養欠損を是正せずに免疫抑制剤を塗っても、よくなるどころか全身に炎症が拡がってしまいます。そして、免疫抑制剤であるステロイドやプロトピック軟膏を止めると、必ずリバンウドを起こしてしまいます。殆どの人は、リバウンドによる全身の発赤炎症や痒みに耐え切れず、また悪いと分かっていながらステロイドやプロトピック軟膏を塗ってしまいます。まるで麻薬のような依存性がこれらの免疫抑制剤にはあります。
なんでも最初が肝心です。洗剤などによる手湿疹や栄養欠損による皮膚炎、湿疹などにステロイドを塗るべきではないのです。しかし、大半の皮膚科では、ステロイドを処方してしまいます。むしろ病院など行かずほったらかしておく方がまだましです。既にステロイドやプロトピック軟膏を長期間塗ってしまっている方は、リバウンドで大変なことになるので急に止めない方が無難です。ステロイドやプロトピック軟膏から離脱したい場合は、分子整合栄養医にご相談ください。リバウンドを最低限に抑えながらステロイドやプロトピック軟膏からの離脱を図るようにいたします。