HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 皮膚炎に塗り薬は不要

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 原因不明不妊症  |  心筋梗塞 »

皮膚炎に塗り薬は不要

May 13, 2013

皮膚科でステロイドやプロトピック軟膏を処方され、皮膚炎がどんどん広がっていく、悪化するという方がよく受診されます。皮膚科医は恐れずにしっかりと薬を塗りなさいと指導するそうです。しっかり塗った結果、最初は1か所だけの湿疹だったのが、体中に広がってしまっています。
皮膚科で処方される薬で、湿疹や皮膚炎が完治することはまずありません。ステロイドやプロトピック軟膏などの免疫抑制剤を塗ることで症状を逆に悪化させているのです。まだ何も塗らないほうがましです。
皮膚が健全であるためには、タン白質、ビタミンA、ビタミンB、亜鉛などの栄養が欠かせません。これらの栄養の不足があったり、腸内環境が悪いと皮膚炎や湿疹ができます。ですから治療は、栄養摂取と腸内環境改善しか方法はないといっても過言ではありません。皮膚疾患に塗り薬という固定概念を捨て、皮膚疾患には栄養摂取というふうに考えを改めるべきではないでしょうか?


アトピー性皮膚炎治療クリニック