HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 原因不明の微熱

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 原因不明の頭痛  |  乳児湿疹 »

原因不明の微熱

May 21, 2013

微熱が続くとい言われる方が結構いらっしゃいます。微熱を訴えて内科を受診すると、結核などの感染症のチェックをまず行います。感染がなければ膠原病を疑って詳しい抗体検査をするのがお約束です。しかしいずれの検査も異常がないという方が少なくありません。「原因不明」と言われ経過を見てくださいと言われてしまいます。
分子整合栄養医学では、微熱の原因をある程度絞り込むことが可能です。鉄欠乏で微熱はよく起きます。また低血糖症でも微熱のでる人が多いように思います。そのほかには腸内細菌叢の乱れが背景にある慢性疲労症候群でも微熱が生じます。しかし、大半の医師は、潜在性鉄欠乏、低血糖症、慢性疲労症候群という概念を持っていませんので、正しい診断ができず、いろいろ高い検査をしたけれど結局「原因不明」でうちでは対処できません、ということになってしまうわけです。