院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 原因不明の微熱  |  原因不明の胸痛 »

乳児湿疹

May 22, 2013

赤ちゃんはよく湿疹だします。赤ちゃん(乳児)に出る湿疹なので乳児湿疹と呼びます。原因はいろいろあると思いますが原因を特定することはなかなか難しいです。考えられる原因として最も多いのは亜鉛不足です。その他にはビタミンBの不足なども考えられます。しかし皮膚科や小児科に行くと、ステロイドを処方されてしまうケースが殆どです。ステロイドは免疫抑制剤なので塗ると赤みや痒みがすぐ消えてしましますが、根本的に治しているのではなく症状を抑え込んでいるにすぎません。ステロイドの副作用に、皮膚萎縮、易感染性、副腎皮質機能低下というものがあり、長期連用すると皮膚のバリア機能が低下し自前のステロイドホルモンが産生できにくくなりさまざまな菌の感染を伴うようになって本格的なアトピー性皮膚炎に発展してしまいます。
乳児湿疹が出た場合は、亜鉛華軟膏を塗るのが無難です。あとはお母さんがビタミンB群や亜鉛をしっかり摂取して母乳から亜鉛やビタミンB群の栄養を赤ちゃんにあげるのが一番です。くれぐれもステロイドを塗らないようにしてください。最初が肝心です。


アトピー性皮膚炎治療クリニック