HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > マルチビタミン&ミネラル

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 真のアンチエイジング  |  栄養療法はドーズレスポンス »

マルチビタミン&ミネラル

September 13, 2007

こんなサプリメント飲んでいるんだけど、最近血糖コントロールが悪くなったのでかかりつけ医になにか健康食品飲んでませんかと聞かれたが、これらのサプリはそういう影響及ぼすのか?と相談されたり、知り合いにこういうサプリメントがいいと紹介されたけど、どんなものでしょうか?と言ってパンフレットを見せてもらったりすることが時々あります。サプリメントは補助食品=不足しているものを補う目的で摂取しているはずなのに、全くとんちんかんな内容のサプリを飲んでいる人の多いことには驚かされます。先日おすし屋さんのカウンターで隣の女性が食後に○○パックと袋の書いてあるマルチビタミン&ミネラルを飲まれていました。先ほど書きましたが、患者さんがパンフレットをもらったものと一緒のものです。パンフレットの成分表を見たところ、ビタミンAが合成であること、鉄を含んでいること、ビタミンB群の含有量が少なすぎること、ミネラルの種類が少なすぎることなど、そのサプリメントには色々と問題点がありました。でも彼女は身体にいいと思ってせっせと毎日飲んでいるわけです。私も分子整合栄養医学を学ぶ前までは、ビタミンやミネラルについては何も知りませんでしたので、医者でも知らないのだから一般の人がサプリメントの成分について分からないのは仕方ないのかもしれません。しかし、人にすすめる以上は、各栄養素の働きを理解し、きちんとした内容のもの提供しないといけません。栄養素は奥が深いです、分子整合栄養医学も奥が深い学問です。これさえ飲めばなんにでも効くサプリなんて存在しません。個々人の病態・血液データに応じて対応しないと、病気の予防はもちろん病態を改善させるのは困難です。