HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > ホルモン補充療法

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« マクロビの罪  |  フェリチン(新型鉄欠乏) »

ホルモン補充療法

March 26, 2014

子宮内膜症、骨粗しょう症の予防、更年期障害、美容目的などで女性ホルモンのお薬を飲んでいる女性は少なくありません。ピルも女性ホルモンのお薬の一種になりますので、ピル服用者を含めるとかなりの割合の女性が、女性ホルモンのお薬を飲んでいるのではないかと思います。
女性ホルモンのお薬を飲んでいると問診でお答えになった方には、乳がんや血栓症のリスクをお話しして飲まない方がいいですよとアドバイスしています。しかし、多くの方は処方した医師から、乳がんのリスクが高まるのは欧米の肥満女性のケースであって日本人には当てはまらないので心配ありませんと言われそのまま服用される方が多いようです。
しかし、骨粗しょう症の予防で女性ホルモンを内服された方が、少し前に乳がんになって放射線治療をうけていたといことをお聞きしました。乳がんになるとまず外科的手術をし、その後再発予防のためと称した放射線治療(しかしこれが新たながんを生む)をし、最後にホルモン治療を受ける方が一般的です。ホルモン療法とは、乳がんの増殖を促すエストロゲンがエストロゲン受容体(ER)と結合するのを妨げることにより、ホルモン依存性の乳がんの増殖を抑えるというものです。
女性ホルモンの結合を抑えることで乳がん発症の予防ができるなら、薬で処方する女性ホルモンが乳がんの発症因子になるのは当たり前のことと私は思うのですが、ピルや女性ホルモンを処方する産婦人科医が飲んでも大丈夫と患者さんに言うのが理解できません。
骨粗しょう症の予防なら、カルシウム、ビタミンKやDなどでよいのではないでしょうか?必要以上に人工的な性ホルモンを服用するのは控えべきだと再認識した次第です。