院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 朝の寝起きの悪さ  |  錦織圭選手 »

元気がでます

May 30, 2014

A歌手が覚せい剤の使用で逮捕され毎日TVでこのことについて取り上げられているのはみなさんもご存じかと思います。私は自宅の捜査のときちらっと映った麻薬捜査犬の黒いラブラドールがうちのさんじ君(愛犬の黒ラブ)と同じ犬だということの方が気になりましたが。私の父親もさんじが麻薬捜査でTVにでとったなと言っておりました。麻薬捜査犬は6歳の雌の黒ラブで赤の他人ですが。
A歌手も、目が覚める、眠気がとれて作曲活動に打ち込めるということで使用したとのこと。私も子供のころに、母親から「悪い人が、疲れがとれるいい薬があるから」という誘い文句で覚せい剤を勧められるから絶対にそんな誘いに乗ったらダメ、という怖い話をよく聞かされていました。
今でもそんな勧め方をするのか知りませんが、疲れがとれる魔法のような薬はありません。あったとしても切れ味のよい薬には副作用が必ずあります。もし疲れがとれない場合は、女性なら鉄欠乏の可能性が大ですので血液検査で鉄の貯金を調べてください。男性は月経がないので鉄不足になる可能性は低いですが、成長期の子供は男子でも鉄の需要が亢進しているので鉄欠乏になります。
鉄の貯金が少なかった人はヘム鉄の摂取で元気になります。食事でも動物性の鉄(肉やレバー)を女性はしっかり食べてください。岡山のいい焼肉屋さんをご紹介します。