院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 連鎖  |  朝起きられない »

ネットで母乳

July 3, 2015

驚くことに母乳がネットで販売されているそうです。ある新聞社が「新鮮な母乳」とうたっている商品を入手し分析したところ、少量の母乳に粉ミルクと水を加えた可能性が高い偽物と判明し、しかも栄養分は通常の母乳の半分程度で、細菌量は最大1000倍もあったそうです。
粉ミルクよりも母乳の方が優れているということが知られてきたので、母乳がでない人のためにこのような商売が成り立つのだと思います。乳児湿疹や皮膚炎の赤ちゃんのお母さんに「母乳が理想ですが、栄養状態の良い母乳でないといけません。母乳の質が悪いのなら粉ミルクの方がましな場合があります」とお話しします。よい母乳をだすためには、産後にきちんと正しくタン白質やミネラル、ビタミンを多く含んだ食事を食べることは当然重要ですが、妊娠前~妊娠中もしっかり栄養を摂っておく必要があります。
よい母乳には、ビタミンA、亜鉛、アミノ酸、ラクトフェリンなどの重要な栄養素が多く含まれています。これらの栄養のおかげで、アレルギーや感染症を発症しにくくなります。ネット母乳などに手を出すまえに、まずはよい母乳を出すために食生活を見直すことが重要ではないかと思います。

妊娠体質になりたい人は、肉を食べなさい。