HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 軟骨は再生不能?

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« スクラップ・アンド・ビルド  |  癌の再発予防 »

軟骨は再生不能?

September 19, 2015

先日TVでスーパードクターと紹介されていたある大学病院の整形外科医が、「軟骨は消耗品」であると言っていました。軟骨はいったんすり減ると再生不能とういうことらしいです。
保険診療において、変形性膝関節症に対して使える薬はヒアルロン酸の注射くらいです。しかし、ヒアルロン酸だけでは軟骨の再生はできません。軟骨を作るには他にもいろいろ栄養素が必要だからです。ヒアルロン酸しか治療ツールを持たない整形外科医にしてみれば、軟骨は再生できないと考えるのも無理はないかと思います。また、整形外科医は人工関節の手術がドル箱ですから、軟骨が栄養素で再生されては手術患者数が減って経営的に困ります。
分子整合栄養医学では軟骨の再生は十分可能と考えています。軟骨の材料を十分量摂取すれば再生できます。軟骨組織は、軟骨マトリックスと軟骨細胞から構成されています。軟骨マトリックスの主な成分は、コラーゲンとコンドロムコタン白です。コラーゲンはアミノ酸、鉄、ビタミンCから作られますし、コンドロムコタン白はヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、ケラタン硫酸から作られますので、これらの栄養素を十分量摂取する必要があります。また軟骨組織は活性酸素によって影響を受けやすいので、抗酸化アプローチも重要になります。