HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > パーキンソン病

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« がん治療  |  歯周病 »

パーキンソン病

November 11, 2015

パーキンソン病は、脳内のドーパミン不足してくることで起きる病気で難病に指定されており、根本的な治療方法が確立されていません。現在、保険診療で行われている治療は、ドーパミンの前駆体の補充が主体ですが、幻覚などの副作用もあり、薬も長期内服していると効きが悪くなってきます。
黒質のドーパミンを作る神経細胞の酸化などが病因のひとつと考えられています。ですから、若いうちから抗酸化アプローチをしっかり行って予防することが重要になります。
症状が出始めた場合の対策としては、抗酸化物質や抗酸化酵素の材料となる栄養素の摂取や、グルタチオン点滴などを行います。特にグルタチオン点滴は即効性があり、点滴直後から症状の改善が見られる方が何割かいらっしゃいます。ただし、グルタチオン点滴は保険適応になっていませんので自費の治療になります。