HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 高濃度ビタミンC点滴

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 塗らずに様子見  |  登校できない原因 »

高濃度ビタミンC点滴

June 1, 2016

gdmクリニックでは、約10年前から高濃度ビタミンC点滴治療を行っています。癌の再発や転移予防、アンチエイジング、アトピー性皮膚炎、副腎疲労などに有効だと感じます。
「ビタミンCがガン細胞を殺す」という本が9年前に出版され、これを機に高濃度VC点滴を導入したクリニックが激増しました。先日のがんの勉強会で、師匠は「ビタミンCはガン細胞を殺す」というのは正しくないと言われていました。師匠はポーリング研究所に在籍していたポーリング博士の弟子でしたが、ポーリング博士は「VitaminC may slow cancer」としか言われていなかったとのこと。ガン細胞を殺すほどの力はなく、進行を遅らせる程度だと言われていたそうです。
がん治療は高濃度ビタミンC点滴だけでは不十分です。ヘモグロビンやアルブミンを高める栄養アプローチも一緒に行わないと効果は乏しいものになります。