HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 鉄不足で成績低下

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« アトピー性皮膚炎とビタミンA  |  原因不明 »

鉄不足で成績低下

June 8, 2016

鉄は脳内に多く必要とされており、DNAや神経伝達物質の合成・分解に関与していますので、貯蔵鉄が減ると、脳神経症状が起きてきます。ヘモグロビンは基準範囲内にあっても貯蔵鉄が低下してくると、集中力、記銘力、学習能力の低下などがみられるようになります。また日中の眠気や情緒不安定なども鉄不足で生じます。
受験勉強をいくら頑張っても鉄欠乏があるとなかなか成績が上がりません。集中できない、記憶力が悪化した、などまさか鉄不足で起きているとは殆どの親御さんはご存じないと思います。上記のような症状でお困りの場合は、一度分子整合栄養医学的な血液検査を受けることをお勧めします。鉄欠乏を是正すれば、へたな塾や家庭教師よりも成績アップするかもです。