HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > アンチエイジング

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 原因不明  |  死因は栄養失調 »

アンチエイジング

June 10, 2016

無料で配布される生活情報誌には美容クリニックの広告がたくさん掲載されています。TVでも美容クリニックのCMを毎日目にします。それだけニーズも多いのだと思います。
gdmクリニックでもアンチエイジング治療は行っていますが、普通の美容クリニックとは一線を画しています。私の専門は分子整合栄養療法なので、栄養素を用いた内側からのアプローチしか行っていません。また、巷で有名なニンニク注射は、コスト、針を刺す痛み、効果を考えるとする意義は乏しいとおもいますので実施していません。ニンニク注射はビタミンB1の注射ですが、ビタミンB群はコンプレックス(B1、2、3、5、6、12、葉酸、ビオチンなど)で摂取する方が効率よく働いてくれます。
プラセンタ注射は肌の若返りに有効ですのでgdmクリニックでも実施しています。プラセンタ注射希望で受診された方には、「栄養状態を調べる血液検査をして、不足している栄養素を摂るほうが美容や疲労回復には有効ですよ」とお話ししますが、大半の方は私の話はスルーして、プラセンタ注射だけ打って帰ります。
真のアンチエイジングにはまずプロテインが欠かせません。アンチエイジング目的でプロテイン摂取を実践している方はあまりいないと思います。生理のある年代の女性にはヘム鉄をおすすめしています。その他はビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなども抗酸化や粘膜上皮の健全化には欠かせません。また亜鉛やカルシウム、CoQ10なども重要です。
表面だけを取り繕っても、血管や内臓がボロボロだとすぐ化けの皮が剥がれます。喫煙は血管を傷つけます。過度な飲酒やバランスの悪い食事は内臓にダメージを与えます。禁煙、節酒、早寝早起き、バランスのよい食事、ストレスコントロール、適度な運動などを心がけ、血液検査で不足している栄養素の摂取をするというのが、血管、内臓、皮膚を健康で若々しく保つ最良のアンチエイジングだと思います。