HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 胃内視鏡(胃カメラ)

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 皮膚病の治療  |  うつ病 »

胃内視鏡(胃カメラ)

October 1, 2007

胃カメラってしんどいというイメージがまだまだ根強いようです。しかし鎮静剤を少量注射して検査すると、うとうと眠っているうちに終わります。検査自体は10分ほどですみます。最近では経鼻の胃カメラが人気があるようです。鼻からカメラを入れるのはもっとしんどそうにお思いでしょうが、鼻からカメラを入れると咽頭刺激しないので咽頭反射がなくオエーとなりません。鎮静剤を使用して胃カメラをした人は、「これなら毎年検査ができる」と言われます。
高齢者の胃ガンの多くはピロリ菌感染によるものです。また若年者の胃がんの一部はピロリ菌感染がベースの鳥肌状胃炎の方に高率に発症します。バリウム検査では平坦なガンや鳥肌状胃炎の診断は困難です。バリウムで異常がないからと言って安心はできません。
多くに胃癌はピロリ菌の除菌により予防可能です。また早期の胃癌は殆ど完治します。ピロリ菌の除菌及び胃の検査は定期的に胃カメラにて行われることをお勧めします。