HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 鉄欠乏と更年期障害

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« アルブミン  |  高濃度ビタミンC点滴と風邪 »

鉄欠乏と更年期障害

June 30, 2016

40歳前後の女性に、めまい、頭痛、易疲労、イライラ、気分の落ち込み、動悸などの症状が起きると、多くの方は自分は更年期なんじゃない?と思われるようです。更年期障害ではないかと思われて受診検査しても、ホルモン的には更年期にはまだ至ってなおらず、単なる鉄欠乏であることが意外と多いです。分子整合栄養医は、鉄欠乏によってさまざまな症状が起きることを知っていますし、鉄欠乏の検査診断もできますが、一般的な内科や婦人科では鉄欠乏の診断が正しくなされないので、「原因不明」と言われていることが多いようです。
ホットフラッシュは鉄欠乏では起きませんが、鉄欠乏と更年期の症状はかなりオーバーラップしています。鉄欠乏のまま更年期に入ると症状が強くなってしまいますので、鉄欠乏はきちんと是正しておいた方が更年期の症状が楽になります。