院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 2人に1人が癌  |  放置される貧血 »

無月経

July 26, 2016

身内の方が栄養療法によって病気やお困りの症状が改善したことをきっかけに、栄養療法のすごさを認識し栄養療法に取り組まれだすというケースが多いです。かくいう私も、妻がヘム鉄、ビタミンB群、タン白質の摂取で体調が劇的に改善したことがきっかけで、栄養療法を本格的に勉強し始め診療に取り入れるようになりました。
先日、患者さんのお母様が分子整合栄養医学的な血液検査を希望されて来られました。娘さんが長年無月経でお困りだったのが、栄養療法開始して1か月ちょっとで月経が来たので栄養療法の威力に驚かれご自分もお受けになりたいとのことでした。
無月経や月経不順でお困りの女性は少なくありません。多くの方は、まず産婦人科を受診しホルモンの検査などを受け、続発性無月経の場合は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを補って排卵周期を取り戻させるようにしますが、ホルモン療法をしても月経が来ないことも少なくありません。ホルモン補充でも月経が来ない場合は、次に漢方治療をお受けになる方が多いです。しかし、漢方治療をしても月経はそう簡単には来ません。無月経の背景に栄養欠損があるからです。ホルモン補充療法や漢方治療などを試しても月経が来ない方がたどり着くのが栄養療法です。ホルモン中枢である脳の視床下部や下垂体は低栄養やストレスの影響を受けやすいです。ですから、無月経は栄養療法が効果的な疾患の一つと言えます。