院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« アルツハイマー型認知症  |  加齢黄斑変性症(AMD) »

胃痛

October 18, 2007

胃が痛いという訴えで受診される若い女性が結構いらっしゃいます。しかし殆どの場合胃カメラをしても潰瘍や胃炎は認めません。血液検査をするとだいたいの方がフェリチンが鉄欠乏状態です。鉄は粘膜の材料としても重要な栄養素ですので、不足すると粘膜が脆弱になります。咽頭違和感(喉に何かひっかかった感じ)、膀胱炎、胃痛、吐き気、下痢・便秘なども鉄不足による粘膜機能の低下が主な原因です。胃カメラで胃粘膜がきれいな人に胃薬を処方しても効きません。こういう方にはヘム鉄を摂取していただくと症状が改善する場合が多いのです。