院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 微熱が続く(不明熱)  | 

妊活

August 8, 2016

妊活という言葉が最近よく目にします。今日のヤフーニュースでも「妊活か、仕事か」で悩む女性についての記事が載っていました。妊活とは、「妊娠についての正しい知識をつけ、自分の体の状態を把握し、妊娠するために前向きに活動すること。将来、自然に妊娠しやすくするための体作りや生活スタイルを整えること」だそうです。しかし、多くの方は妊活=不妊治療と考え、なかなか妊娠できなかったらすぐに婦人科で不妊治療を受ける人が多いように思います。
妊活の定義に従えば、まずは体作りをしなければいけませんが、体作りをすっ飛ばして高度な不妊治療を受けている人が多いです。栄養状態が悪い女性が顕微授精で妊娠出産するのは、全くトレーニングを受けていない素人がいきなり高い山に登るのに等しいことだ、と私の著書「妊娠体質になりたい人は肉を食べなさい」にも書きました。女性ホルモン、子宮内膜も栄養がないと作れません。おいしい野菜やフルーツを作ろうと思うと肥料を適切に施すことの重要性はみなさん知っておられると思います。新しい命を授かろうとする場合も同じく栄養が重要なのです。
妊活をする場合は、まずは妊娠に必要な栄養は何かと知ること、そして食事内容を見直し、ストレスコントロール、禁煙、休息などのライフスタイルの見直しも必要になります。最善の妊活は、分子整合栄養医学的な血液検査を受けて不足している栄養素をしっかり摂取することです。

原因不明不妊症治療クリニック

妊娠体質になりたい人は、肉を食べなさい。