HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 原因不明不妊症を治す

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 背を伸ばす栄養アプローチ  |  菜食で肌トラブル »

原因不明不妊症を治す

January 8, 2017

卵管、卵子、精子などに目立った異常がないのに妊娠しない場合、原因不明不妊症もしくは機能性不妊症と診断されます。しかし、原因不明不妊症の大半は栄養欠損が原因です。しかし、産婦人科医には栄養不足で妊娠できないという認識があまりありません。貧血の是正にもあまり積極的ではありません。特に不妊治療をメインにしているところでは、体外受精をしないと仕事になりませんので、原因不明不妊症の対しても積極的に体外受精を行います。
性ホルモンを作る、ふかふかの子宮内膜を作る、精子を作るにもすべて栄養が必要です。また受精するにはエネルギーが必要ですが、エネルギー産生にも栄養が必須です。精子、卵管、卵巣に問題があって自然妊娠できない場合を除き、まずは原因不明不妊症に対しては栄養療法を行うべきだと考えています。ある程度の期間しっかりと栄養摂取すれば多くの方は妊娠可能です。また赤ちゃんの将来のためにもつながります。
原因不明不妊症でお悩みの方は、ぜひご相談ください。