院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 容量依存性  |  産後うつ »

ケトン食

February 21, 2017

ケトン食に抗がん作用があると謳った本が出版されていますが、私の師匠曰く、生化学が分かっていない人の理論だとのこと。
がん細胞はブドウ糖をエサに増殖するので、糖質を制限して脂肪酸を分解してエネルギーを得る食事が抗がん治療によいと考えているようです。ちなみに脂肪酸が分解されてできたものがケトン体です。砂糖の過剰摂取がよくないですが、炭水化物を制限しすぎることは逆に身体に負担をかけます。血糖値が0の人などこの世に存在しません。糖によるエネルギー産生ができなくなると、肝臓で脂肪酸をβ‐酸化してエネルギーを産生しますが、その際に大量の活性酸素が発生します。がんは炎症性疾患という一面も持っておりますので、酸化ストレスで炎症が増悪しがんを悪化させてしまいます。また脂肪酸が容易に得られないときは、身体のタン白質を壊してエネルギーに換えますので、体タン白の異化を亢進させてしまいます。タン白質不足はがん治療においては致命的です。
白米は軽く食べ、砂糖や小麦粉製品を控えて、タン白質をしっかり食べることを分子整合栄養医学ではおすすめしています。