HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 酵母アレルギー

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 遠隔不妊治療  | 

酵母アレルギー

March 3, 2017

昨日の塩麹のブームの火付け役になった人がTVで取り上げられていましたが、味噌、醤油などの発酵食品は身体によいと思いこんでいる人が殆どだと思います。しかし、酵母菌がアトピーや喘息の発症因子になっている人が時々おられます。即時型アレルギーの場合、口にしてすぐに症状がでるので自覚できますが、遅延型アレルギーの場合は食べてから半日から数日して症状がでるのでどの食品が犯人なのか分かりません。遅延型アレルギーの検査(IgG抗体を調べる)は日本ではできませんのでアメリカに検体を送らないといけません。そのためコストがかかりるのが欠点ではありますが、原因物質が判ればあとはそれを除去するだけで皮膚炎が劇的に改善するケースがあるので長い目で見ればやって損はない検査です。
先日もビール酵母の強い反応がでていた患者さんが、味噌、日本酒、納豆などの酵母由来の食品を除去したら劇的に皮膚炎が改善した方がおられました。交差反応といって、同じ系統のものにも反応を起こすことが知られていますので、ビール酵母だけでなくその仲間の酵母由来のものも控えていただかないといけない場合があります。
難治性のアトピー性皮膚炎、大人になってから発症した喘息、慢性的な微熱などでお困りの方は一度IgG抗体の検査をお受けになることをお勧めします。