院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 酵母アレルギー  | 

隠れ鉄欠乏

March 16, 2017

ヘモグロビンやヘマトクリットは低くなく、むしろ基準値内でも高めの場合でもフェリチンが測定できないくらい低い人は結構います。しかし、中途半端な知識を持っている人は、ヘモグロビンが低くないのに鉄欠乏という診断に納得できないと診断結果に不満そうにされる方がいます。まず、タン白質不足で血液が濃縮して見かけ上ヘモグロビンが高めの値をとることを知らない、フェリチンという検査項目のことを知らない、基準値(検査した人の95%が入るように設定される)の意味を知らない、などが正しく鉄欠乏を理解できない原因だと思います。ヘム鉄の摂取で病態の改善が見込まれるのに、中途半端な知識が邪魔をして治るものも治らないのは非常に残念です。勉強するならとことん勉強して正しい知識を得る、そうでなければ「餅は餅屋」というように考えてほしいものです。