院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 胃カメラ  |  あせも・手荒れにステロイド »

うつ病

August 24, 2017

意欲の低下や慢性的な疲労感が続いて病院を受診しても特に内科的な異常がない場合、はうつ病と診断され心療内科に行くように言われます。しかし、異常がないのではなく血液データを正しく理解していないために異常を見落としている場合が大半です。
うつ病は脳内のセロトニンの低下と考えられていますが、セロトニンは脳内で栄養から合成されます。アミノ酸、鉄、ビタミンB群などが材料として必要です。分子整合栄養医学の勉強をしていない医師には、栄養の不足で精神神経症状が起きるという認識がありません。また血液データも基準範囲内に入っていれば異常なしと診断します。これも原因を見落とす大きな原因の一つです。
アミノ酸、鉄、ビタミンB群などが不足していたらいくらセロトニンの取り込みを阻害するSSRIという抗うつ薬を飲んでもセロトニン自体の絶対量が少ないのですから効果はでません。それどころか、胃腸障害などの副作用でよけいに調子を崩す人も少なくありません。
女性の場合、月経の関係で多くの人が鉄不足です。女性でうつ症状、慢性疲労、倦怠感、意欲の低下などでお困りの場合は、ぜひとも分子整合栄養医にご相談ください。