HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 感染症と高濃度ビタミンC点滴

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 玄米  |  動悸・胸痛 »

感染症と高濃度ビタミンC点滴

October 18, 2017

高濃度ビタミンC点滴を予約されている方が、「熱がでたのでキャンセルします」と言って電話をかけて来られることが時々あります。しかし、風邪、気管支炎などの感染症の時こそビタミンCの出番なのです。高濃度ビタミンC点滴には、抗ウイルス作用、抗菌作用があります。殆どの動物は体内でビタミンCを合成できますが、感染症など病気にかかったときは平時の10倍近くもビタミンCの産生量を増やして、病気に対抗します。また体調が悪化は人間にとってストレスなので、抗ストレスホルモンの分泌量が増えますが、抗ストレスホルモンの材料はビタミンCです。ですから、風邪ひいたり体調が悪い時こそ高濃度ビタミンC点滴を受けた方がいいのです。