HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 精神的に登校できない?

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 女性のうつ病  |  疲れやすいのは年のせい? »

精神的に登校できない?

May 2, 2018

登校できないので診てほしいということで親御さんが小学生~高校生のお子さんをを連れてこられます。登校できないお子さんの訴える症状としては、朝起きられない、頭が痛い、めまい、などが多いです。ふつうの医療機関で検査しても目立った異常が認められないので、親御さんや学校の先生も「精神的なものではないだろうか?」と疑っているケースも少なくありません。対人関係などの精神的な原因で登校したくない人もいるでしょうが、肉体的なことが原因で登校したくてもできない子供の多くが適切に診断されていないのが現状です。
レントゲンなどの画像検査や血液検査で明らかな異常所見が認められなくても、分子整合栄養医学的な血液診断をすれば、多くの場合原因を同定できます。何度もブログで書いていますが、基準範囲に入っているかいないかで血液データを診断することが原因を同定できない最大の理由です。基本的に基準範囲というものは検査した人の95%の人が入るように設定されているので、基準範囲内に入って当たり前なのです。また、一般病院では検査値が低いことには目を向けず、値が高い方に意識が向いてしまっているのも栄養不足を見落としてしまう原因になります。
症状には必ずといっていいほど原因があります。登校できない場合、機能性低血糖症か鉄欠乏が背景にあることが殆どです。精神的なものと決めつけず、きちんと検査しデータを読むことができれば多くの場合、症状の原因が見つかりますので、一度分子整合栄養医の診察を受けることをお勧めします。