HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 疲れやすいのは年のせい?

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 精神的に登校できない?  |  ピロリ菌がいるかも »

疲れやすいのは年のせい?

May 16, 2018

患者さんの言葉の中に診断のきっかけになるヒントがたくさんあるので、初めて受診される方には時間をかけて問診をします。「疲れやすいですか?」と尋ねると、「はい、年のせいだと思うんですが、かなり前から疲れやすくなっています。」と答える女性が結構います。
年のせいで疲れやすくなるということも多少あるかもしれませんが、30代~40代くらいの年齢では別に原因がある場合が殆どです。一番の原因は鉄欠乏ですが、ヘモグロビンが基準値内にあると鉄不足ではないと診断されてしまい鉄欠乏を見落とされてしまうケースが大半です。鉄不足以外には甲状腺機能低下症や機能性低血糖症などが原因として考えられます。
鉄不足を正しく診断されていない、鉄不足と診断されても無機鉄による治療では貯蔵鉄がなかなか増えない、といった理由で疲れやすいのは年のせいだと思い込んでいる女性が多いのだと思います。ヘム鉄の摂取で、今までの体調がうそのように体が軽く感じられる、という方も少なくありません。慢性的な疲れやすさでお困りの方は是非受診してください。