HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > ピロリ菌がいるかも

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 疲れやすいのは年のせい?  |  野菜至上主義 »

ピロリ菌がいるかも

May 16, 2018

胃炎に対してピロリ菌が保険で除菌できるようになったのは2013年からです。それ以前は胃潰瘍、十二指腸潰瘍がないと保険で除菌できませんでした。ですから5年以上前に胃カメラを受けた方で潰瘍がなかった人に対しては通常はピロリ菌の検査をしていないことが多いようです。
慢性胃炎が続くと胃粘膜が萎縮してきて、萎縮した胃粘膜から胃癌でできやすくなります。潰瘍防止かつ胃癌予防のためにも除菌を推奨されます。また、萎縮胃になると胃酸の分泌が低下したりビタミンB12の吸収にかかわる内因子の分泌が低下したりしてきますので、栄養の消化吸収や貧血防止のためにも除菌が望ましいわけです。
何年も前に胃カメラをして胃炎があると言われたことがある方はピロリ菌感染が持続している可能性が大ですので、ぜひ胃カメラを再度されることをお勧めします。