HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > リウマチ治療と妊娠

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 理想的な食事  | 

リウマチ治療と妊娠

July 19, 2018

リウマチの治療の主流はリウマトレックスかアクテムラなどの生物学的製剤になっています。しかし、これらの薬は副作用が強くでることも少なくないですし、治療中は妊娠できません。リウマチ専門医ほどリウマトレックスや生物学的製剤を使いだがります。そのため、妊娠出産を希望される女性はこれらの薬を使わない治療を希望してgdmクリニックを受診されます。
リウマチと診断されている人の中には2種類の原因があると分子整合栄養医学では考えています。一つは自己の免疫が関節滑膜を攻撃するいわゆる自己免疫疾患ともう一つは感染による関節炎です。タン白質不足や貧血があると感染を起こしやすくなります。また腸管免疫の低下は自己免疫によるリウマチと感染による関節炎の悪化の原因になります。ストレスも両者の発症、増悪の因子です。かなりストレスがリウマチ発症に影響を与えていると考えています。
リウマトレックスや高価な生物学的製剤を使わなくても、低アルブミン、貧血の是正や腸内細菌叢の改善をすることでリウマチを克服することは可能と考えています。
リウマチと診断されて治療中の方で、妊娠出産を希望されている方は是非ご相談ください。