HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 薄毛(AGA)

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« PET  |  乳癌とブラジャー »

薄毛(AGA)

February 6, 2008

「必ず生える」といって薄毛の人を勧誘すると消費者契約法に抵触する恐れがあるそうです。TVCMでおなじみのリーブ21が、「必ず生える」と勧誘され4年間で680万円も支払った客に「殆ど効果がなかった」と損害賠償を求めた訴訟をおこされて、430万円の解決金を支払うことになったと新聞報道されていました。施術前後の頭髪の写真が載っていましたが、わずかに増えた程度で680万円もつぎ込む価値はなさそうです。男性の薄毛の主な原因としては、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変化し、毛乳頭の受容体に結合し毛母細胞の活動を低下させることです。今爆笑問題がTVCMしているAGAの薬は、5αリダクターゼ阻害するものです。継続して飲むと、脱毛が抑制され徐々にですが毛が増えてきます。しかしプロペシアというAGAの薬は、精力減退や肝機能異常が起きる場合があります。gdmクリニックでは、ノコギリヤシから抽出した5αリダクターゼ阻害物質や亜鉛を含んだ栄養素とパラペンの入っていないシャンプー&トイートメントによる薄毛対策をお勧めしています。天然の5αリダクターゼ阻害物質では、精力低下はなくむしろ精力増強作用や前立腺肥大抑制作用があります。夜間頻尿などにも有効です。