院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« ガン治療  |  ダイエット »

メタボ健診

April 11, 2008

特定健診、いわゆるメタボ健診が国を挙げて行われるようになります。メタボリックシンドロームに着目した身体測定、血圧測定、血液検査などの健診とその結果に基づいた保険指導を一体的に行うことを目的としているようです。この健診と保健指導により、2015年度までに糖尿病などの生活習慣病とその予備軍を25%減少させる計画で、この結果、2025年度には医療費を2兆円削減できるとしています。しかし身体測定の基準値の設定がでたらめなのです。メタボと診断されるウエストは男性85cm以上、女性で90cm以上です。しかし世界的にみて女性よりも男性のウエストの基準値が小さいのは日本だけです。また身長が180cmある大柄な人と160cmの小柄な人ではウエストの太さの意味が違います。ウエスト/ヒップ比を採用すべきです。痩せている人でもミトコンドリアの機能異常の人などは、糖代謝異常を引き起こす場合がありますので、ウエストが正常でもインスリン抵抗性の病態が潜んでいる可能性はあります。特定健診を行う医療機関は届け出が必要ですが、gdmクリニックは厚労省の行うメタボ健診は欠陥の多い健診なので実施しません。分子整合栄養医学的な血液検査や超音波検査で、インスリン抵抗性や動脈硬化を診断する方が確実です。メタボ健診で、病人のレッテルを貼られて薬を飲まされる人が増えるのではないかと危惧します。厚生労働省の天下り先は製薬会社ですので、メタボ健診開始には何か裏の意図があるのかもしれません。ちなみに私は2月から晩酌をやめてダイエットを始めました。2ヶ月ちょっとで6kg近く減りました。もちろん高タンパク質食・低炭水化物食にしてビタミン・ミネラルは栄養素でしっかり補給しているので、筋肉の減少なく脂肪のみ減らせれています。しかし殆どの医師は減量の仕方を教わっていないのできちんとした栄養指導を医師から受けることは不可能い近いと思います。最近オーソダイエットプログラムがリニューアルしてプロテインがおしくなり飲みやすくなりました。正しい減量したい方は是非お試しください。