院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 高血圧(24時間血圧測定)  |  低血糖症 »

ニキビ

May 2, 2008

TVCMでプロアクティブというニキビケアの商品が宣伝されています。ニキビケアに洗顔は重要ですが、洗顔だけでニキビが治るわけではありません。思春期のニキビはホルモンバランスの乱れが関係しています。男性ホルモンが過剰に分泌されると、皮脂の分泌が増えます。皮脂腺が角化異常をおこすと、皮脂の分泌がスムースにいかなくなり皮脂腺に脂が貯まります。その皮脂をアクネ菌が食べにきて増殖して炎症をおこしたものがニキビになります。ですから皮脂をためないために洗顔は有効です。しかし大人のニキビは、ホルモンバランス以外の要因が大きいのです。皮脂腺の角化異常、コラーゲンの脆弱性などが主な原因と思われます。角化を正常にするにはビタミンA、コラーゲンを強化するにはヘム鉄・タンパク質・ビタミンCなどの栄養素補給が必要になります。特に女性の場合は、月経の関係で鉄不足の方が多いので、鉄不足を放置したままではニキビは根本的によくなりません。光治療、ピーリング、抗生剤の治療などをいくらして、鉄不足・タンパク質不足がベースにあるようでは、それらの治療を止めればまたニキビが再発します。gdmクリニックでは、皮膚のコラーゲン強化、皮脂腺の分化の正常化を図り、ニキビを根本的に治す栄養療法を行っています。

ニキビ・シミ・アンチエイジングクリニック