HOME > 院長BLOG > 栄養療法に関する話題 > 朝バナナダイエット

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« ビタミンKとPIVKA-Ⅱ・肝癌  |  更年期障害とDHEA »

朝バナナダイエット

October 3, 2008

今バナナが品薄です。朝バナナダイエットという方法がマスコミに取り上げられたことが発端のようです。しかし分子整合栄養医学的には、朝バナナを食べるだけでは痩せないと思います。ダイエットにはカロリー制限が必須です。一般的な成人が1日に必要とするエネルギーは約2200kcalと言われています。脂肪は1gにつき9kcalありますので、1日で脂肪100gを燃やそうと思うと、100×9で900kcal分カロリー摂取を控えないといけません。1日1300kcal摂取すると、100g×30日で1ヶ月3kg脂肪を減らすことができます。逆にいうと1ヶ月に3~4kg脂肪を減らすのが限界ではないかと思います。1ヶ月に10kgも減量した人は、多くは筋肉や水分が減ったことによる体重減だと思われます。バナナを食べてもカロリー制限にはつながりません、むしろ食べすぎはカロリーオーバーになります。朝バナナダイエットを考案して痩せた人は、昼や夜の食事での摂取カロリーを制限したから痩せたに過ぎないと思います。これこれを食べると痩せるというような魔法のような食品はありません。糖質・炭水化物を控えて摂取カロリーを制限するしかないのです。しかしビタミンやミネラルの摂取は通常通りにしないと代謝が低下して痩せにくくなります。またタンパク質も制限してはいけない栄養素です。タンパク質はくいだめができない栄養素なので、成人の場合は体重1kgにつき1gのタンパク質を確保しないといけません。タンパク質を食べないと、筋肉が減り見かけの体重は減りますが、脂肪が減っているわけではありません。筋肉量が減ると、基礎代謝が低下してリバウンドしやすくなります。ダイエットには、バナナではなく、高タンパク質・ビタミン・ミネラル&低炭水化物・糖質の食事をすることが重要です。