HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > ビタミンC点滴研究会

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 低身長児と自殺の関係  |  co-learner (共学者) »

ビタミンC点滴研究会

March 3, 2008

先日VC研究会に出席してきました。IVCとはビタミンC点滴のことです。「ビタミンCがガン細胞を殺す」という本が昨年出版され、ビタミンC点滴が最近にわかに注目されてきています。gdmクリニックでは2006年からIVC治療を行っています。ビタミンCの抗ガン作用は30年前に故ライナス・ポーリング博士が提唱したものですが、メイヨークリニックが、ビタミンCの抗ガン作用を否定(メイヨークリニックの試験は、経口でのVC摂取で静脈注射ではなく、正しい試験結果ではなかった)したためその後は話題になりませんでした。しかし、その間キャメロン博士やリオルダン博士らが研究を続け、ヒュー・リオルダン先生は人間機能改善センターを設立し、そこでビタミンC点滴療法によって様々な疾患の治療実績をあげてきていました。今回はその人間機能改善センターの所長であるHunninghake先生の講演もありました。同センターでは、20年間にIVCを4万例行っているそうです。抗ガン剤のような副作用はなく、溶血くらいしか副作用は起きないとのことでした。この溶血も事前に血液検査で起きるかどうか判定できます。