HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > 平成美人塾

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« やるかやらないか  |  メールの問い合わせの件 »

平成美人塾

February 14, 2011

先日テレビで平成美人塾という番組をしていました。押切もえさん、SHIHOさん、中谷美紀さんの3人のキレイの秘訣が紹介されていました。押切さんは食事に気を使い弁当も自分で作って仕事場に持参したりしていました。よくありがちな野菜だけという内容ではなく、卵や鶏肉などの動物性食品もきちんと入っていました。野菜だけしかとらないと、鉄不足、ビタミンB不足、タンパク質不足になりかねないので、ベジタリアンの方は要注意です。中谷さんは、健康マニアだそうで、断食、ジャイロキネシス、爪もみ、漢方治療、そして「分子整合栄養医学」などを健康法に取り入れていると言われてました。しかし残念なことに番組では分子整合栄養医学のことはあっさりとスルーされてしまい、特集は漢方診療をアナウンサーが体験するというものでした。分子整合栄養医学は、認知度が低すぎるので特集しても視聴者は「は?」と思うので視聴率重視のTV局は分子整合栄養医学のことはスルーしたのではないかと思いました。一方、漢方のほうは最近は市民権を得て認知度が高まっていますし、症状によっては保険も適用になるのでTV局としては特集を組みやすかったのではないかと思います。しかし、漢方薬は薬ですから副作用が起きる場合もありますし、まず鉄やアミノ酸などの不足栄養素自体を含んでいないので直接栄養欠損を是正することはできません。漢方治療も、更年期や花粉症、風邪などには有効ですが、人間の身体はなんといっても栄養でできていますので、細胞の分子濃度を適切な状態に保つ栄養療法のほうがはるかに有効で優っている治療だと私は自負しています。